感情の捉え方、向き合い方

ブログの更新が止まってました。
やはり、毎日書き続けるのは難しいです。
毎日、書いてる知人がいるのですが、本当にすごいですね。。

今回は感情の捉え方について。
思い付きが凄まじく、行き当たりばったりに行動をしてしまったり
感情の起伏が激しく、過度に喜んだり、落ち込んだりする時があります。

昨日の午後も、現在の状況から過度に将来を悲観してしまったのですが、夜にはその事などスッカリ忘れており、楽しく飲み会をしておりました。

今から振り返ると、あの悲観していた時間はとても無駄だったなと感じます。

ただでさえ、脳のワーキングメモリーが小さい私が、感情に支配されてしまえば、そのメモリーはさらに小さくなってしまいます。

ネガティヴな感情とどう向き合うか。
方法論としては
1. 感情そのものを捨てる
2. ネガティヴな感情が生まれないようにする
3. ネガティヴな感情が増幅しないようにする
4. ネガティヴな感情を減らす、もしくは消す

の4つの方針があります。
1の感情を捨てることは、人間には不可能だと思いますし、仮にそれができたとしても人間である意味が失われてしまうと思うので、1は却下。

2については、自分がどういう状況の時にネガティヴな感情が生まれるのかを把握すれば、それを避けることができます。
そのような状況をザッと挙げてみると
・周りが暗い環境にいる( 雨の日、暗い部屋、夜)
・暗い人が周りにいる(批難・批判しかしない人、否定してくる人)
・淀んでいる環境(空気など)

3については、自分がネガティヴな感情に囚われていることに気付くことが大切だと考えます。
「反応しない練習」という本で紹介されていた方法で、自分の感情にラベリングをすることで、自分の感情と客観的に向き合うことができるようになります。
負の感情としては
妬み、怒り、自己憐憫、羨み、不安、嘆き、悔み
などがあります。
ラベリングの種類は多ければ多いほど、自分の感情をより精緻に捉えることができます。
また、ラベリングする時のポイントですが、負の感情に囚われた自分を責めるのではなく、むしろ、気付いた自分すごいじゃないかと褒めることが大切です。

4のネガティヴな感情を消すは、難しいようで、意外といけます。
誰もが、そういえばあの時の悩み、怒り、気付けば忘れてたということがあると思います。
そういう時は、得てして自分の好きなことに没頭していた時ではないでしょうか?
私の場合は、身体を動かすととてもスッキリした気持ちになります。


激しく揺れ動く感情とどう向き合うか。
ADHDの傾向がある私にとっては、これがとても大事です。
上記で紹介したことは、まだまだ実践できているとは言い難いですが、少しずつできるようになっていきたいと思います。

それでは!